赌一把总头目之位

主演:富司纯子,三上真一郎,樱町弘子,名和宏,金子信雄

导演:山下耕作

别名:

类型:国语 日本1968

  • 乐享云1
  • 赌一把 总头目之位

猜你喜欢

  • 一个假期的机会

  • 攀登2002

  • 武士惊魂

  • 最后一个人俱乐..

  • HD

    冷血动物

  • 鲍勃·戈梅尔:..

  • 执行者

  • 正片

    妖魂

  • 私语

  • 我的挪威假期

  • 萨贝尔还很年轻

  • HD

    夜车

赌一把总头目之位相关影评

  • 『総長賭博』と『飛車角と吉良常』のなかの鶴田浩二

    三島由紀夫

    「映画芸術」1969年3月号(259号)映画芸術 1969年3月号 No.259 舞台上手の戸がたえずきしんで、あけたてするたびにパタンと音をたてしかもそこから入る風がふんだんに厠臭を運んでくる。このような理想的な環境で、私は、『総長賭博』を見た。そして甚だ感心した。これは何の誇張もなしに「名画」だと思った。何という自然な糸が、各シークエンスに、綿密に張りめぐらされていることだろう。セリフのはしばしにいたるまで、何という洗練が支配しキザなところが一つもなく、物語の外の世界へ絶対の無関心が保たれていることだろう。(それだからこそ、観客の心に、あらゆるアナロジーが許されるのである)何と一人一人の人物が、その破倫、その反抗でさえも、一定の忠実な型を守り、一つの限定された社会の様式的完成に奉仕していることだろう。たった一箇所、この小世界が破れかかる右翼団体のエピソードがあるが、それすら麻薬密売をたくらむ暴力右翼で、何らイデオロギーも、その批判も匂わない。何という絶対的肯定の中にギリギリに仕組まれた悲劇であろう。しかも、その悲劇は何とすみずみまで、あたかも古典劇のように、人間的真実に叶っていることだろう。雨の墓地のシーンは、いずれもみごとな演劇的な間と、整然たる構成を持った完全なシーンで、私はこの監督の文体の確かさに感じ入った。この文体には乱れがなく、みせびらかしがなく、着実で、日本の障子を見るように明るく規矩正しく、しかも冷たくない。その悲傷の表現は、内側へ内側へとたわみ込んで抑制されているのである。

    此文还收录在《三島由紀夫全集》 卷34(新潮社 1976)中。

    在此之前,东映的任侠电影并不受文艺批评界的重视,此片公映的当年口碑也一般。

    此篇文艺评论可算是文艺评论界对于东映任侠电影的重要的首肯,说此片的悲剧性像古典剧一样表现了人性的真实。

    编剧笠原和夫的有些台词确实写得不错:中井「一家として決まったことを飲むのが、渡世人の仁義だ。白いもんでも黒と言わなくちゃならねぇ。... それぐらいのこと死らねぇ、おめぇじゃねぇだろう!?」中井「これは、おめぇと御部にかわした兄弟の盃だ。おめぇが、どうしてもドスを引かねぇってんなら、俺はここでこいつを叩き割って、おめぇの向こう口にまわるぜ! 俺の任侠道はそれしかねぇ!それでもやるのか!?」松田「... おめぇの言う通りにするよ... こんなちっぽけな盃のために、男の意地を捨てなきゃならねぇのかい?...」 仙波「中井、てめぇ、叔父貴分の俺に向かってドスを向けるのか? てめぇの任侠道ってのは、そんなものなのか?」中井「任侠道? そんなものは俺にはねぇ! 俺は...ただのケチな人殺しだ」